廃止の原因

高速ツアーバスが廃止になる原因が存在しています。それの説明をしていきますね。
そもそも高速ツアーバスの廃止になった事件が存在しています。それが、群馬県の関越自動車道の高速ツアーバス事故でしょう。この事故は、乗客が7人も死亡した事故で結構有名になっている事故ですね。この事故の原因としては、低コストをするために運転手が過酷な労働を強いられている状態になり起きた事故となっています。

 

この過酷な労働というのが、長時間休みなしで運転をさせていたということで、かなり問題となりました。通常この手の運転手は長時間になる場合は2人で運転することになっているはずです。一人が休憩して一人が運転をすれば問題なく運行することが出来るのですが、経費削減によって一人、それも前の日から過酷な労働を強いられている運転手を使ったことに原因があるとされています。まあ、一部それ以外にも問題があるということもありますが、これが原因で廃止に至りました。

 
このような原因があって高速ツアーバスが廃止になったのです。これはその事故を起こした会社だけでなく他の会社も同じようなことをしていたので、いつかは同じような事故が出てくる可能性がありました。これも経費削減が問題となっているので、この段階で廃止されるのはもしかすると良かったのかもしれませんね。もちろん、事故が起きないのが一番良いことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.